外構工事 土間打ち

外構工事 土間打ち

土間打ちとは
土間打ちとは、床面にコンクリートを打設することをいいます。
駐車場やアプローチなどで活用されています。
土間打ちには、コテ仕上げや刷毛引き仕上げがあります。
車の重量に耐えうる強度、風化に強い耐久性、雑草をシャットアウトする防草性などのメリットがあります。

土間打ちの構造
土間打ちは、3層構造になっていることが一般的です。
土を掘削して砕石を敷いたあとに、押し固めます。
型枠の設置が終わったら、格子状にワイヤーメッシュを組みます。
コンクリートを型枠に流し込み、最後に表面を仕上げていきます。
また水勾配をつけることで、雨水が溜まらないようにするのも構造上、重要なポイントです。

三重県および近郊で、土木工事・ 外構工事・エクステリア工事をご検討中の方は、三重県いなべ市の有限会社新和土建にお任せください。
高品質・高精度の施工をご提供します。
皆さまからのお問い合わせをお待ちしています。
最後までご覧いただきありがとうございました。

一覧に戻る

▲TOPへ